おウチで薬膳

お疲れなあなたへ

先日、愛知県に行ってきました

なんと28度!(*_*)

気温差がこんなにも激しいと、体調管理が難しい…

とはいえなんとか乗り切りましたが

皆さんも夏の疲れが出てきた頃ではないですか?

 

暑いとつい冷たいものを食べたり飲んだり…

胃腸が冷えると食べ物の栄養をうまく取り込めなくなります

冷房でカラダを冷やすのも危険です

夏の不摂生は、秋に現れるんですね〜

 

今日は

慢性的な疲れを改善してくれて

食欲増進にもいい

「カブとブロッコリーのアヒージョ」をご紹介します♪

 

 

材料 (2人分)

ブロッコリー 1/2株

カブ 小2個

桜えび 大さじ2

にんにく 1片

オリーブオイル 180ml

塩 小さじ2

 

1   ブロッコリーとカブは1口大に、にんにくはみじん切りにする

2 ブロッコリーはお湯で30秒程度茹でる

3 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかける

4 3が熱くなってきたら、カブをいれ、5分ほどたったら2と桜えび、塩を加える

 

あっという間に出来上がりです〜♪

お試しあれ☆

やさいでスイーツ

先日開催された「やさいフェス」で

「薬膳講座〜あなたにピッタリやさいチェック診断」をやらせていただきました

その際、ご来場のお客様に薬膳スイーツの試食をご提供!

せっかくなのでご紹介します。

 

材料は、

ながいも……200g

小豆…‥……400g

水……………400cc

棒寒天………1本

☆牛乳………60cc

☆羅漢果糖…30g

☆はちみつ…大さじ1

 

何ができるか想像できちゃいましたか?

 

ながいもは薬膳界のエース!といつも紹介していますが

・胃の消化力を高める

・体液を補充し全身に栄養を与える

・肺を潤し乾燥による症状を沈める

・「気」を補う

といった効能があります

年中食べたいところですが、特に秋薬膳には欠かせません。

 

季節的に秋薬膳に突入していますが、ジメジメするこの時期。

「ジメジメ=カラダに湿がたまる」

であれば、やるべきは「利水」です!

余分な水分を外に排出する利水の効能がある小豆は、

ながいも同様、胃の消化力を高める効能もあります。

疲労回復にもいいんです♪

 

というわけで…

2つを組み合わせてスイーツにしました。

 

秋には欠かせない、牛乳とはちみつもいれて。

「ながいものふんわり羊羹」完成〜♪

初秋の薬膳スイーツです。

「胃腸の調子を整えるスイーツ」と言ってもいいかも。

 

 

作り方はとってもカンタン♪

1 水を火にかけ寒天を溶かす

2 ながいもを茹でる

3 茹であがった2と☆をミキサーにかけ拡散する

4 1の寒天が完全にとけたら火を止め、

  粗熱がとれたら茹で小豆と3を加えて、ふんわり混ぜる

5 バッドに移し、冷やし固める

 

羅漢果糖がない場合は、黒糖にしても美味しいかも♪

是非、お試しあれ!

 

続きを読む >>
夏野菜♪

昨年の夏あたりからでしょうか、ズッキーニをいただく機会が増えました。

フレンチやイタリアンではよく見かける野菜ですが、和食にも合うんですよね。

 

夏が旬。

食性は寒。

毒消しのパワーを秘めています。

 

暑さと汗で水分が消耗しているカラダに

生津(水分を生み出す)効果がある豆腐と組み合わせて

夏薬膳に。

 

あ、豆腐にも解毒の効能があります。

毒、、、、消えますように。。。。(*^^*)

 

 

 

続きを読む >>
女子会〜薬膳セミナー&ランチ

先日、十和田市の十和田富士屋グランドホールにて

FUJIYA女子会が開催され

薬膳セミナー&ランチをやらせていただきました

 

薬膳ランチは、季節の薬膳〜夏・梅雨バージョンで組成した

料理長渾身のお料理!

 

◇ 蕪の葉と豆腐の炒め物

◇ 鯛ずんだ焼 前盛はじかみ

◇ 冬瓜夏野菜味噌かけ

◇ 帆立長芋そうめん

◇ 長芋香梅炊き込みご飯 

◇ 白蕪の白麹着け 

◇ ゴーヤのスープ

◇ プリン寄せ

 

 

 

気温がどんどん上がっても蒸し蒸しするこの季節

食材的なオススメはゴーヤや冬瓜でしょうか

冬瓜は、カラダの余分な熱をとるだけでなく

余分な水分を排出して、新しい水分を補充してくれる心強い食材♪

 

 

ゴーヤもまた、余分な熱や水分を排出し乾燥、固める「苦」の味を持ち

寒涼食物ですからカラダを冷やす食材です

今回はスープにしてみました♪

 

 

味付けも上品で、ワタクシもおいしくいただきました♪

やはり料理のプロはさすがです!

 

ランチのあと、40分ほどのセミナーをやらせていただきましたが

皆さん真剣に耳を傾けてくださって

嬉しい限りです。

 

ココロもカラダも不調を失くして

日々、快適に過ごしたいものですね♪

 

先日開催した、夏の薬膳パーティーのメニューも

後ほどご紹介します!

 

…なるべく早めに(^_^;)

 

 

続きを読む >>
冬でもせいろ
寒い日が続いています
こんな日は、あったかお鍋…といきたいところですが
毎日お鍋ってわけにもいきませんよね

それでもって、こんなに寒くても食べたくなるのがお蕎麦
しかも、せいろ。。。そう、ざるそば、もりそば。
蕎麦は、たとえ温かいそばでもカラダを冷やす「寒涼」食材
冬は避けたほうがよいのか…というとそうではありません!
ここが薬膳のいいところで
「寒涼」食材であっても、「温熱」食材を一緒に食べれば問題なし!
せいろといえば、「ねぎ」と「わさび」ですが
この2つは「温熱」食材!
十分バランスがとれます
カラダを冷やしたくない冬はさらに
同じ「温熱」食材である「えび」を追加してもいいですね

ということで、冬でもせいろ。。海老天丼つき。。
食べ過ぎた〜(*_*)



続きを読む >>
♯冬♯寒波♯雪
ご無沙汰していますm(_ _)m
全国的に寒波とのこと
皆さんのお住まいの地域で被害はないですか?


突然ですが、最近、焼きカレーにハマっています
チーズだくだくの焼きカレーにハマっています
本当に痩せる気あるのか?!と言われそうですが
痩せます詐欺になりかけてますが
超〜ハマっています!

冬の薬膳カレーについては、前にアップしましたが
カラダを温める&血を増やして巡らせる効果を期待して
私は鶏肉、玉ねぎをふんだんにつかって
くるみをプラスしたりして作ることが多いのですが
そこに、チーズとたまごをオンしてオーブンへ!
なんと言うことでしょう〜!めちゃめちゃウマ〜い!

チーズは「肺」と「陰」を補ってくれるので
のどの渇きやから咳にいいんです
そういえば、年末から続いていた咳が治まったような…
「潤腸」の働きもあるので、便秘の方にもオススメ食材

最近疲れてるかも…なんて人は、鶏肉を豚肉にしても良いかも!

鶏肉&玉ねぎ&チーズの応用としては
牛乳をプラスすることで
五行の冬にあたる「腎」を補い、「水」も生み出すことができるので
乾燥の悩みにもよい組み合わせ!
グラタンなんてどうでしょ〜








続きを読む >>
秋、はじまる。
毎年、田んぼに水が入ったな〜と思えば
気づくと黄金色(・・;)
この間、、なにやってるんだろ…

ということで、秋です!
青森は朝晩、暖房なしでは寒いくらいです

ここからは、燥邪=乾燥との勝負!
髪がパサパサ、空咳がでる…なんて症状ないですか?
カラダに潤いを与える食材をガシガシ食べましょう!
秋の色は白なので、
牛乳、白ゴマ、白きくらげなど、白い食材を意識的に摂りたいところ

夏場、冷たいものを摂り過ぎて胃腸が弱っている可能性もあるので
胃腸のケアも忘れてはいけませんね

今日のおやつは
「栗の甘露煮の白ゴマ揚げ」でした〜♪



栗の甘露煮を小麦粉を水に溶いたものをくぐらせて
白ゴマをまぶして揚げただけの簡単おやつです

栗は、胃腸を養うほか、咳をとめたり痰をとかす効能があります
この時期は、白ゴマを多く摂りたいと思っていたのでまぶしてみました
緑茶といただきたいスイーツです!

続きを読む >>
脱水症状にお気をつけて!
青森ねぶた祭りも盛り上がり、残すところ夜の海上運行のみとなりました
期間中、35℃前後の暑さだったので、観光客の皆さんもバテバテだったのでは…

私は屋外の仕事だったこともあり、尋常じゃないくらい汗をかきました(;・∀・)
何度着替えたことか…

当然のことながら汗をかくとカラダの水分が減り、渇きます
食べるものも、水液を生み出すものを積極的に摂りたいですね

最近は毎日、水分を生み出し渇きを潤す「トマト」を食べることを意識していますが
ここに同じ「生津」の効能を持つ「オクラ」を組み合わせると
さらに良し!です

見た目も涼し気なアミューズを作ってみました♪



オクラとトマトのコンソメジュレがけなんですが
この後食べるものが、寒涼系が多かったので
このメニューに温性のえびを加えてみました
足し算引き算しながらメニューを考えるの薬膳♪
えびは体力回復にも効果的です!
暑いけど、手足は冷たい〜なんていう方にも
えびはオススメですよ♪


続きを読む >>
本日、大暑。。
今日を乗り切れば、あとは秋にむかってまっしぐら…
なんて誰がいったんでしょ(;・∀・)

暑い日はまだまだ続く…というか、これから本格的になります
今日の青森は暑さよりも、じめじめが気になります
湿度が高くて、くせっ毛のワタシは髪が大変なことに…
加えて個人的にここ最近、少し立ち仕事をすると
象のように脚がむくむのが気になります
ただの呑み過ぎ…という声も聞こえてきそうですが(/_;)

むくみや余分な水分の排出に有効な食材は
6月にもご紹介しましたが
(ハトムギや小豆、春雨、緑豆、白菜など)
「とうもろこし」もその一つ


茹でて皮を剥いた瞬間に広がる甘い香り!
なんとも言えない幸せな香りです
水分の停滞を解消する以外にも
胃を丈夫にする働きもあるので
この時期、冷たい飲み物を摂り過ぎている方にも
オススメな食材です

そのままかぶりついても良し!
BBQでお肉と一緒に焼いても良し!
スープにしても美味しいとうもろこし

むくみや湿が気になる方〜
同じく水を追い出す食材と組み合わせて摂取してみてください♪




写真は、とうもろこし&きゅうりの組み合わせ
玉ねぎも入っています
マヨネーズを使ったこの手のサラダを作る時の隠し味は、、、
ヨーグルトです!
マヨネーズの量を減らしてもコクが出ますよ!
お試し下さい〜♪

続きを読む >>
夏本番!
あれよあれよと忙しくなり
気がつけば、まったくおウチでご飯を食べない日々が続きました
とはいえ、おいしいものは頂いているのですが
だからこそ余計に暴飲暴食になり気味…

さてワタクシごとですが
毎年夏の恒例の「生モノ抜き」が始まりました
しばらくはお寿司も、お刺身もおあづけです…(T_T)
夏場は冷たいものや生モノを摂り過ぎると胃腸が冷え
秋にその代償がやってきます
個人的には夏から秋にかけて仕事が集中することもあり
疲れがたまって免疫が落ちることから
体調管理のために薬膳を勉強する前からの習慣でした
おかげで大きく体調を崩すことがなく過ごしてきましたが
若いころは夏バテすることも多かったな〜
今や、夏バテをすることもないので痩せることもない…(-_-;)→これは残念…

話しは戻りますが、ビールが美味しい季節です
冷やし中華も、そうめんも、美味しいですよね〜
やはり、冷たいものに頭がいってしまう夏
暑い時にカラダを冷やす食材で熱をとるのは正解ですが
火を通さないまま…や、冷え冷えの食材は「胃」を冷やしまてしまうため
とりすぎにご注意を!

…と言いながら、、、



久しぶりに作った料理は、やっぱり冷やし中華!
清熱に働いてくれる野菜をたっぷり使いながらも胃が冷え切らないよう
いただきものの海藻スープがあったので
あたたかくして「生姜」をプラスして食べました♪

薬膳とは、足し算引き算掛け算料理です
胃を冷やすから食べない! というのはなかなか無理でも
反対の作用を持つ食材をプラスすることで緩和できるので
食べ物断ちをしなくて済みますよ♪



続きを読む >>