おウチで薬膳

捨てるのはもったいない!〜美肌に効果あり〜
◎カブの葉のふりかけ◎




最近、「カブ」に目がありません
先月の「胃腸の不調、夏風邪気味の時に!」
カブの効能をご紹介しましたが
体液調整に力を発揮するほか
冷たいモノを食べたり飲んだりで
弱り気味な胃腸の強い味方でもあるカブ
その他、皮脂コントロールをしてくれる食材でもあるので
冬だけでなく、上手に取り入れたいですね
 
そして実は
葉にも相当な栄養があるんです
ビタミンAを始め、B1、B2、Cなど
美肌に必須栄養素がたっぷり!
カルシウムや鉄も豊富なので
捨てずに有効活用しましょう!
 
もちろんスープなどの場合は
一緒に入れてしまうのも手ですが
実の部分を煮物などに使った場合は
さっと炒めてふりかけにしちゃうのもいいですね
ごま油で炒めて、かつお節と白ゴマを加え
しょうゆと味醂で味付けして
水分が飛んだら完成です
お好みでじゃこを加えたりするのもいいかも
さらに納豆に混ぜてもおいしいですよ
 
続きを読む >>
初めての出会い
一見「かいわれ」と見間違いそうな「豆苗」
ある程度の大きさに育ったエンドウの芽の先端なんだとか…
 
初めて購入してみました
 
中医学的な効能ははっきりとわからないのですが
動脈硬化の予防に有効βカロチンがほうれん草より多く
ビタミンCは約2倍!
また食べると体内でビタミンAに変わるんだとか
その他、ビタミンB群ビタミンK葉酸も豊富に含まれています
粘膜の維持や、健康な髪呼吸器系も守ってくれる成分がふんだんに!
これだけ栄養価が高いのであれば
これは、美肌食材と認定してもいいのでは…?
 
ということで
血を補い通便の効能も備えている美肌食材である
「しめじ」と組み合わせてみました
しめじは、美肌食材というだけでなく
コレステロールの抑制と排泄がん予防にも有効とされています
「涼」食材でもあるので、これからの時期は
登場回数を増やしていきたいところです
 
そしてこれにプラスしたのが
いつの季節も大事な「健脾」(胃腸を整える)の作用と
浅い部分にとりついた邪を発散させる「解表」を兼ね備えている
「にんにく」「ねぎ」です
にんにくは体力不足を解消してくれますので
ちょっと疲れたなぁと思う時には
プラスしてみるといいでしょう
 
豆苗はあまり火を通さないほうがいいということなので
最後に加え、さっと炒めて食べてみたら、なんと!!
おいし〜〜〜!!!
これを今まで食べずにきたのが残念です
スープに加えたり、生のままサラダでたべることも出来るので
どんどん活用していきたい食材のひとつになりました
路地モノは5月いっぱいまで
ハウス栽培モノは年中出回っているようです
 
おいしいレシピを知っている方がいたら
是非、ご教示ください!
 
【豆苗】
エンドウの効能は若干異なる可能性がありますので記述を控えます
 
【しめじ】
食味:甘
四気:涼
帰経:腎・肺
効能:補血、通便

 
◎豆苗としめじの炒めもの◎


 
材 料:豆苗、しめじ、ねぎ、にんにく
調味料:ごま油、塩・こしょう、鶏ガラスープの素
 
ごま油を熱して、にんにくをいためる
ねぎとしめじを炒めて、最後に豆苗を加えてさっと炒める
塩・こしょう、鶏ガラスープの素で味を整える
続きを読む >>
カラダのサビが老化促進
羅漢果を知ったのは薬膳を学び始めてからです
何と読むのかさえ知りませんでしたが
今や、この言葉を口にしない日はないかも
 
「らかんか」と読むこの果実は
砂糖の400倍の甘さにもかかわらず、ほとんどノンカロリー
 
薬学辞典『中薬大辞典 広西中薬志』には
味はすっきりと甘く、芳香がある。渇きを止め、唾液を生ずる。
気を鎮め肺を潤し血を清め、咳を止め、痰を除き、
熱を冷まし、熱気を除去する。
血圧を下げ宿便を治し、健胃整腸などの効果がある。
臨床的には、急性、慢性の気管支炎、扁桃腺炎、胃炎、百日咳等に常用されている

と、その効能が記載されています
 
解読していくと
カゼにも良ければ美肌にも効果あり
ストレス解消に役立ち、胃腸の調子を整える

というところでしょうか
漢方では鎮咳、解熱薬として利用されています
 
最大の効能は
「活性酸素」を除去してくれるということ
いわゆるカラダの「サビ」のことです
激しい運動や紫外線、ストレスなどで
カラダには活性酸素がたまります
これが時に、がんや動脈硬化という怖い病気につながることも
実は、老化の原因もこの活性酸素が原因 !!
「サビ」は、健康にも美容にも良くないのです!
 
日本では、果実を手に入れることはまず無理です
私は「羅漢果糖」として加工されたものを
お湯にとかして羅漢果茶として常飲したり
料理に砂糖替わりとして使っています

 

シミ・シワが気になる!
腸の調子を整えたい!
咳やのどの痛みをどうにかしたい!
という方はお試しあれ
 
※私が「羅漢果糖」を購入する際は
羅漢果98%、てんさい糖2%
で加工された商品にしています
続きを読む >>